アジアカップ2019 ベスト4の国が出そろった!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

アジアカップ2019のベスト4の各国が出そろいました!

準々決勝に進む各国の軌跡を振り返っていきます。

日本のライバルと目されていた韓国とオーストラリアがベスト8で姿を消したことが驚きです。

スポンサーリンク

ベスト4に進んだ各国の軌跡

  • 日本
  • イラン
  • カタール
  • UAE

この4か国が準決勝へと駒を進めました!

では、それぞれの軌跡を振り返っていきます。

日本

日本はグループFを1位で突破。

相手国は、トルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンでした。

初戦は「大迫半端ないって!」というフレーズが再び再燃する活躍ぶりでしたが、その後は大迫がけがに泣き、エースを欠いた日本は苦戦しながらグループリーグを勝ち抜きました。

ベスト16はサウジアラビアに、ベスト8はベトナムに勝利しています。

まさに総力戦といった内容でした。  ⇒日本の詳細はこちらの記事へ

イラン

イランはグループDを1位で突破。

相手国は、イラン、ベトナム、イエメンでした。

ベスト16はオマーンに、ベスト8は中国に勝利しています。

イランはFIFAランキングではアジア最高の29位(日本は50位)なので、国際Aマッチでの成績は日本より上の強豪国です。

2015年の前回大会でもベスト4にまで進み、3位決定戦でUAEに敗れました。

今大会では、得点力が高く、アズムンとタレミの2人で計7得点を奪っていて要注意です。

カタール

カタールはグループEを1位で突破。

相手国は、サウジアラビア、レバノン、北朝鮮でした。

ベスト16はイラクに、ベスト8は韓国に勝利しています。

今大会のカタールには絶対的エースがいて、アルモエズ・アリが得点王にもっとも近い存在ですでに7得点を決めています!

2022年のワールドカップが自国開催となるカタールは、サッカーに対するエネルギーが最も高い4年間となるはずです。

UAE

UAEはグループAを1位で突破。

相手国は、タイ、バーレーン、インドでした。

ベスト16はキルギスに、ベスト8はオーストラリアに勝利しています。

 UAEは今大会の過去5戦では3勝2分けと、圧倒的な強さは見せられていません。

準決勝に勝ち進んだ中では失点も4と最も多く、不安定な戦いを見せています。

有利な点は、今大会の開催国という点でしょう。

 

まとめ

客観的に見れば、地の利を生かした開催国のUAEや中東のイラン、カタールが優位になるでしょう。

その証拠に韓国もオーストラリアもベスト8で姿を消しました。

条件は厳しいですが、そんな中でも勝つことができれば「日本は本当に強い」と言えるんだと思います。

 

⇒ アジアカップの別記事はこちら 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.