ベルギーリーグには日本人選手が代表と若手あわせて10名もいる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

海外で活躍する日本人選手は数多くいますが、ベルギーリーグでは10名もの日本人がプレイしています。

香川や本田などのビッグネームはいなくても、現役の日本代表が複数名プレイしているベルギーリーグはチェックしておきたいところです。

近い将来に日本代表に選出されそうな若手もプレイしていますし、ベルギーリーグでの活躍が認められれば、プレミアやリーガなど一流のリーグへ移籍する選手も出てくるはずです。

スポンサーリンク

なぜベルギーリーグに日本人が多いのか?

 

日本人選手が所属するリーグと言えば、まずドイツが浮かび上がります。

 

大迫・原口・長谷部・香川(トルコへレンタル中)など代表で実績のある選手がたくさんいます。

 

でも、意外かもしれませんが人数だけならベルギーも負けていません。

 

現在10名の日本人がプレイしています。

 

なぜベルギーリーグなのかというと、いくつか理由があります。

  1. ベルギーリーグのクラブの運営方針が育成からの売却であること
  2. 外国人の登録人数に制限がないこと
  3. 日本の企業がスポンサーになっていること

 

ベルギーリーグのクラブは資金力はそれほどではないため、将来有望な若手を獲得し、成長したらビッグクラブへ売却することで成り立っています。

 

次に、ベルギーリーグには国内で育成した選手が6名いなければならないという規定があるだけで、外国人選手の登録人数に制限がないため、積極的に外国人を獲得していっています。

 

もう一つ、日本人が多い理由の最有力はこれなのですが、日本企業のDMMがシント・トロイデンの経営権を持っているということです。

 

日本人選手が海外で活躍する足掛かりになってくれているのは有り難いことです。

スポンサーリンク

ベルギーリーグの日本人選手10名

 

SB 小池裕太 シント・トロイデン

CB 冨安健洋 シント・トロイデン

WB 関根貴大 シント・トロイデン

MF 遠藤航  シント・トロイデン

MF 鎌田大地 シント・トロイデン

FW 木下康介 シント・トロイデン

CB 植田直通 セルクル・ブルージュ

MF 森岡亮太 シャルルロワSC

MF 豊川雄太 KASオイペン

MF 伊東純也 RCゲンク

 

2019年2月ベルギーリーグにいる日本人選手10名です。

 

日本代表の選手も3名のほか元日本代表もいますけど、まだ若いので代表復帰の可能性が十分あります。

 

シント・トロイデンに6名もいるのはDMMのおかげというか、ちょっとやり過ぎな気もしますが(笑)

 

長友の後継者が決まらない左サイドバック、大迫の代役がいないワントップにも、ベルギーリーグから飛び入りがあるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

ベルギーリーグ限定で日本代表できそう

 

ここからはただの妄想なのですが、GKはいないけれどベルギーの10名でチーム作ったら、けっこう面白いチームができますっていう話です。

 

GKは元ベルギーの川島さんに参加してもらいます(妄想なので)。

 

右サイドバックには、本職ではないかもしれませんがWBで起用されている関根を。

 

あと9名は問題なく本職どおりのポジションに配置できます。

 

ワントップには190cmの大型FWがいて高さもあります!

 

 

フォーメーションは4-3-3

 

なかなか強そうなチームが出来上がりました!

 

日本代表と戦っても結構いい試合になりそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ヨーロッパの中ではマイナーなベルギーリーグですが、日本人が10名もプレイしています。

 

ベルギーリーグには若手の外国人選手を獲得する好条件がそろっているので、今後も日本人選手が増えることが期待されます。

 

現日本代表も3名いますし、代表候補も複数います。

 

ヨーロッパの主要リーグで活躍する日本人が増えていくことにベルギーリーグが貢献してくれることは間違いなさそうです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.