蹴上インクラインのお花見情報!駐車場や周辺おすすめ店舗など

レジャー
スポンサーリンク

日本の醍醐味の一つにお花見があげられると思います。

 

春の風物詩ともいえますよね。

 

同じ地域でも品種や場所によって開花の日時が変わり、そういった違いを楽めることがお花見の良さの一つですね。

 

今回は、旧線路を囲む約90本のソメイヨシノなどが見渡せる、京都府の「蹴上インクライン」を掘り下げていきたいと思います。

 

蹴上インクラインのお花見 基本情報

 

所在地

「蹴上インクライン」

〒605-0044 京都府京都市東山区東小物座町339

 

アクセス

電車

京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」より下車。徒歩約3分。

 

バス

市バス「岡崎法勝寺町」より下車。徒歩約5分

 

蹴上インクラインの駐車場情報

 

京都市円山駐車場

料金/30分で260円

住所/〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側

収容台数:自家用車 134台

営業時間/24時間

 

タイムズ南禅寺

平日:最大料金2000円(当日24時間まで)

通常料金/7時から22時…15分300円

    /22時から7時… 60分100円

土・日・祝日:最大料金2700円(当日24時間まで)

※通常料金は平日と同じ

※クレジットカード支払い可

収容台数:自家用車 31台

 

蹴上インクラインの桜の見どころ

 

蹴上インクラインは今では廃線の線路だけが残っていますが、昔は水路と船を利用した物資の運搬が行われていた名残になります。

 

そんな廃線の線路に沿うように、ソメイヨシノ、ヤマザクラが約90本咲き誇ります。

 

お金もいらないですし、自由にゆったりと桜を堪能することができます。

 

ドームの中を通るような美しい景色を見ることができます。

 

蹴上インクラインは、その美しさからいくつかのアニメ作品の聖地としても登場します。

 

物語中に描かれた映像と実際の風景を見比べてみてはいかがでしょうか?

 

桜が見られる時期

 

見頃は、3月下旬から4月上旬頃になります。

 

今年は暖冬・暖春で、桜の開花が早まるかもしれないと予想されています。

 

おおよその開花の時期は3月下旬頃、満開は4月頭頃の予報になります。

 

ただ、天候や気温により開花時期の変動や花びらが落ちてしまうことがあるので、テレビのニュースやインターネットで最新の情報を確認してみましょう。

 

混雑状況

 

京都観光の場所ではありますが、市内から少し外れた蹴上という場所にあるので、主要観光地のような混雑ぶりはないでしょう。

 

ただ、桜シーズンの土・日曜日は多少、観光客が増えることが予想されます。

 

行列などの心配はないですが、人が空いている時間帯の平日の朝が狙い目でしょう。

 

スポンサーリンク

周辺のおすすめのお食事どころ

 

蹴上駅のすぐ近くには日本でも有名な「ウェスティン都ホテル京都」があります。

 

宿泊客以外も利用することができる中華料理屋やバーカウンター、喫茶処もあります。

 

個人的にオススメなのは『中国料理「四川」」です。

 

高級感あふれるお店に圧倒されます。

 

お値段は少しお高めですが、味は絶品なのでぜひ足を運んでみてください!

 

周辺のおすすめ施設

 

蹴上インクラインの近くにある「京都市動物園」もオススメの施設になります。

 

蹴上駅の周りを散歩していると、傾斜のある土地とつくりから動物園の内観も少し見ることができます。

 

ライオンなどの肉食動物を始め、鳥や爬虫類、サバンナの動物など、たくさんの生き物たちと一緒に時間を過ごすことができて癒やされます。

 

動物園の施設内には、授乳室や展示室、図書館カフェもあるので、ご家族のお子さん連れにもオススメの場所です。

 

スポンサーリンク

トイレ情報

 

蹴上ラインの近くにある「琵琶湖疏水記念館」の施設内にあります。

 

こちらは琵琶湖疏水の歴史を学べる無料で入館ができる施設になっています。

 

駅から少し歩きますが、公衆トイレも設置されています。

 

穴場スポット紹介

 

蹴上駅の近くにある「ねじりまんぽ」と呼ばれる赤レンガのトンネルです。

 

明治時代に作られたトンネルで、当時はその上に運搬用の船が行き来しており、重さに耐えられるように設計されたと言われています。

 

その場所だけ時間の流れが止まったような不思議な感覚になります。

 

スポンサーリンク

撮影スポット紹介

 

蹴上インクラインの桜はまさにインスタ映え間違いなしの撮影スポットです!

 

その瞬間を切り取りたくなるような美しさが、蹴上インクラインにはあります。

 

もう一つオススメしたい撮影スポットとして、先ほど穴場スポットでもご紹介した「ねじりまんぽ」があります。

 

古風な赤レンガのトンネルも絵になるので、ぜひ記念に撮ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

蹴上インクラインの桜はとにかく言葉に表せない美しさが見どころです。

 

決して桜の数は多くないのですが、実際に行ってみると直線の廃線路を囲うように並ぶ桜との風景が本当にきれいです。

 

京都市街からは少し離れた位置にあるので、お花見の混雑具合も少しは緩和されるはずです。

 

今年の春は、ゆったりした気持ちになりながら、桜を眺めてみてはいかがでしょうか?

 

レジャー
スポンサーリンク
じぇいさかブログ
タイトルとURLをコピーしました