三宅弘城のドラマ出演歴とプロフィール「いだてん」の代役に抜擢!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ピエール瀧の逮捕で揺れるNHK大河ドラマ「いだてん」の代役に三宅弘城さんが抜擢されました。

 

三宅弘城さんに注目が集まるところなので、ドラマ出演歴やプロフィールを見てみたいと思います。

スポンサーリンク

三宅弘城のプロフィール

 

名前:三宅弘城(みやけ ひろき)

生年月日:1968年1月14日

出身:神奈川県横須賀市

身長:165cm

血液型:O型

職業:俳優

事務所:大人計画

 

三宅弘城さんは1988年に劇団健康のオーディションに合格に舞台俳優としてデビューしました。

 

また「ナイロン100℃」旗揚げのメンバーでもあります。

 

高校時代は体操部だったため、バック転ができる俳優という特徴があります。

 

1996年にはプロボクサーのテストにも合格するなどバリバリのスポーツマンです。

 

激しい殺陣(たて)はお手の物。

 

アクション俳優として活躍してきました。

 

Eテレでは「ミヤケマン」という名前で体操していますね。

 

スポンサーリンク

三宅弘城のドラマ出演歴

 

大河ドラマにも出演しているけど小河ドラマにも出演しています!

 

過去の出演作はかなり多いので、ここではその一部を紹介します。

 

  • 水戸黄門
  • 大河ドラマ 新撰組!
  • 救命病棟24時
  • 海猿
  • 大河ドラマ 篤姫
  • 相棒
  • 怪物くん
  • ST~警視庁科学特捜班~
  • リーガルハイ
  • 連続テレビ小説 あさが来た
  • 掟上今日子の備忘録
  • 今からあなたを脅迫します

 

主役を演じることはないですが、ここに書いたのはごく一部で、舞台にとどまらずテレビドラマにも多く出演していることが分かります。

 

大河ドラマは、2004年の「新撰組!」2008年の「篤姫」に続く3作目の出演となりました。

 

スポンサーリンク

ピエール瀧の代役をよく引き受けた!

 

「いだてん」でピエール瀧が演じていたのは、主人公の陸上選手・金栗四三が信頼する足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作の役でした。

 

重要な役どころで、すべてカットするわけにはいかないため、代役を探しているところでしたね。

 

黒いイメージがついてしまった役どころに、しかも途中から参加することは勇気がいるところだったはずです。

 

悪い意味で注目が集まっているわけですからキツイですよね

 

そんな代役を三宅弘城さんが引き受けたのには理由があります。

 

「いだてん」の脚本を手掛けている宮藤官九郎さんと三宅さんは事務所が同じ「大人計画」。

 

辛い代役でも義理があって引き受けたといったところでしょうか。

 

視聴率も低迷している「いだてん」に、頼もしい代役が決まって、三宅弘城さんが巻き返しの救世主となるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大河ドラマ「いだてん」のピエール瀧の代役に三宅弘城さんが抜擢されました。

 

これまでも多くのドラマで名わき役を演じてきた三宅弘城さんなら自然と溶け込めると思います。

 

それにしてもよく引き受けてくれました。

 

今後の「いだてん」の巻き返しにも期待しましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.