「オリンピックおじさん」山田直稔さん死去!死因・病名は?お別れの会を開催

2019/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

オリンピックや大相撲の現地観戦で知られている「オリンピックおじさん」こと山田直稔さんが3月9日に亡くなられました。

 

享年92歳でした。

 

病名・死因は何だったのでしょうか?

 

すでに葬儀は近親者のみで行われていますが、お別れの会が開かれることが決まっています。

スポンサーリンク

「オリンピックおじさん」こと山田直稔さん

 

山田直稔さんは1926年4月16日生まれ(享年92歳)で、出身は富山県の方です。

 

シルクハットをかぶり日の丸を掲げて応援する姿が目に焼き付いています。

 

 

一般人でここまで注目された方は、昭和の時代では山田直稔さんが一番といってもいいほどです。

 

山田直稔さんが「オリンピックおじさん」たるゆえんは、中年以上の方なら皆さんご存知でしょう。

 

1964年の東京オリンピックから14回連続で現地観戦をして、必ずテレビ画面に写されていましたね。

 

2020年の東京オリンピックでも盛り上げてくれると期待していましたが、さすがに年には勝てなかったようで、とても残念です。

 

スポンサーリンク

山田直稔さんの病名・死因は?

 

山田直稔さんの病名・死因は心不全と発表されています。

 

享年92歳ですから、気力よりも先に心臓が寿命を迎えられたのでしょう。

 

88歳の米寿の祝いの席では、「東京オリンピックでも応援し続けます」と宣言されていましたので、気持ちの面ではまだまだ元気でしただけに残念です。

 

スポンサーリンク

お別れの会が開かれます

 

すでにお別れの会が開かれることが決まっています。

 

日時は4月16日の午後2時から、

 

場所は東京木場ホテルとなっています。

 

参列者の人数制限などは分かっていませんが、開催日時が公表されているので、一般の人もOKかもしれません。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

 

オリンピックおじさんの訃報はネット上でも話題になっています。

 

 

やはり、来年の東京オリンピックでも見たかったという意見が多かったです。

 

世間の人も、ご本人も東京をリンピックの観戦をを楽しみにしていたでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

「オリンピックおじさん」こと山田直稔さんが2019年3月9日享年92歳でこの世を去られました。

 

昭和の名物おじさんが亡くなられてさびしい気持ちでいっぱいです。

 

病名・死因は心不全でした。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.