PayPayとは簡単に言うと何なの?メリットとデメリットが知りたい!

 
PayPay
この記事を書いている人 - WRITER -

最近CMも盛んにやっている【PayPay】っていったい何なの? と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

PayPayとは何なのか? 利用することでどんなメリット・デメリットがあるのかを解説します。

まだPayPayを使ったことがない方は必見です!

スポンサーリンク

PayPayとは何か

 

PayPayとは何か、簡単に言うと「 キャッシュレスで買い物ができるアプリ 」です。

 

もちろん無料です。

 

運営会社の出資元は、Yahoo と Softbank です。

 

読み方は「 ペイペイ 」です。「 パ 」と発音しないようにご注意ください。

 

最近よく耳にするようになってきたキャッシュレス。

中国では爆発的に普及しているのですが、日本はまだそれほどではなく、特にスマホ決済となると利用者は限られているのではないでしょうか。

 

PayPayは、キャッシュレスで買い物をする手段の一つなのです。

 

他にキャッシュレスで買い物をする手段といえば、

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • 電子マネー
  • Apple Pay

などがありますが、皆さんにとって一番身近な存在はSuicaでしょうか。

 

PayPayもそれらと同様に現金を使わずに決済する手段となるんですが、大きな違いはポイントが還元されるという点です。

 

それについては次の「メリットとデメリット」の中で説明しています。

 

スポンサーリンク

メリットどデメリット

 

メリット

  • 現金を持ち歩かずにスマホで買い物ができる
  • おつりをもらわないので小銭で財布がいっぱいにならない
  • カードを持ち歩かないので財布の中が整理できる
  • 購入金額の一部が還元されPayPay残高として貯められる
  • 支払方法が3種類ある

 

還元について簡単に説明すると

パターン1 現金による支払

お店のポイントが増える

 

パターン2 クレジットカードによる支払

お店のポイント・クレジットカードのポイントが増える

 

パターン3 PayPayによる支払

お店のポイント・クレジットカードのポイント・PayPay残高が増える

 

というように簡単な理屈です。

 また、PayPay残高自体が買い物に利用できます。それを次に説明します。

 

3種類の支払い方法とは

  1. PayPay残高
  2. yahoo!マネー
  3. クレジットカード

 

この3種類の中から支払方法を選択して決済することができます。

 

PayPay残高は自分でチャージしておくことが可能ですのでプリペイドとして使えますし、還元で増やしてから使うこともできます。

 

Yahoo!マネー と クレジットカード はアプリに設定しておけば使えます。

 

個人的には、クレジットカードでの支払いを選択して上記パターン3の還元を最大限利用するのが賢い使い方だと思います。

 

デメリット

  • 残高チャージの手段が少ない
  • Yahoo!マネーを利用していない方は支払方法が減る
  • アプリに登録可能なクレジットカードが少ない
  • クレジットカードでの決済には上限がある
  • 利用できる店舗が発展途上である

 

残高チャージの方法

  • Yahoo!ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座
  • Yahoo!JAPANカード

現状この2つの方法しかありません。出資元がYahooとSoftbankなのでこうなっているのでしょう。

 

登録可能なクレジットカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB(Yahoo!JAPANカードのみ)

ちょっと少ないですよね。

 

クレジットカードの支払上限

24時間以内・・・2万円

30日以内・・・・5万円

大きな買い物には向いていないと言えるでしょう。

 

利用できる店舗数

利用できる店舗はまだまだ発展途上といったところで、どこでも使えるというわけではないです。

店舗詳細についてはこちらをご覧ください。

 

これは2019年2月4日時点での情報ですので、アプリの運営次第で変更になる可能性があることを念頭にご自分で判断してご利用ください。

ご利用の際にはPayPayの公式ページも確認することをお勧めします。

⇒ https://paypay.ne.jp/

 

スポンサーリンク

まとめ

 

PayPayとは何なのか簡単に解説しました。

 

キャッシュレスでスマホひとつあれば買い物ができる!

 

購入金額の一部が還元されてお得!

 

クレジットカードの利用上限があるため大きな買い物には向かないが、毎日のちょっとした買い物には便利!

 

利用できる店舗については発展途上である!

 

以上のことが分かって頂けたかと思います。

 

国が貨幣を増産しなくて良い、店舗も釣銭を用意しなくて良いなど、メリットを感じているのは消費者だけではないので、近い未来ではキャッシュレスが促進されていくと思われます。

 

興味を持った方は、まずは無料アプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.