就職活動中の人に欠かせない面接の準備を徹底解説!ポイントは!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

就職活動で最も重要なステップ、それは面接です。

 

書類選考を通れば、採用過程には必ず面接があります。

最後も当然、面接です。

 

就職活動中なら、必ず面接を受けることになります。

 

必ず面接をすることがわかっているのに、

対策が難しくてなかなか上手くできないという

悩みを抱えている人が多数います。

 

どうせ面接することがわかっているのなら、

最初から様々なケースを想定して、

面接の準備をしておきましょう!

 

今回の記事では、以下2つのポイントをまとめます。

 

・就職活動の面接対策の準備

・実際の面接ですべき質問

 

準備を万端に整え「もうこれ以上できることはない!」

という状態で面接に臨むことができるようにしていきましょう。

 

それでは早速参ります。

 

スポンサーリンク

就職活動の面接対策ではどんな準備をしたらいいの?

 

ただ漠然と「面滅」と聞くと、質問攻めのような

怖いイメージを持つ人もいるかもしれません。

 

ただ、実際には、面接をする側も普通の人間ですから、

なにも恐れることはありません。

 

ここで少し、面接で焦ってしまうポイントを挙げてみます。

 

  • 初対面の人と話さなければいけない
  • 何を聞かれるか事前にわからない
  • どこまで本音で話していいのかわからない
  • 何を見られているかわからない

 

このように、わからないことばかりです。

 

何もわからない状況の中で冷静さを保つのは難しく、

それゆえに面接は難しいという印象を持つ人が多いのです。

 

しかし、事前にこれらのことを想定して、

考えられる質問をすべてイメージして

トレーニングしておけば、

何も恐れることはないのです。

 

面接の準備として大事なことは、事前に質問を考えることです。

 

すべて面接官の立場から考えてみます。

採用する人間を決める際に「何を決めてとするか」

「どのタイミングで採用するか」という観点で考えます。

 

  • 現在の面接のステップを明確にする
  • 今のステップで聞きたいことをリストアップする
  • 採用活動において重要視することを決める
  • パーソナリティ面で具体的な質問を決める
  • スキル面で具体的な質問を決める
  • 即戦力になるかどうか判断できるような経験を聞く
  • 研修にかかるコストを考える

 

ここに挙げたことが本質です。

この本質に迫るために、様々な聞き方をして

就職活動中の人間を見ていくということです。

 

 

少し具体化しましょう。

 

例えば、書類選考通過後に、

採用が決まるまで3回の面接があるとします。

 

猛烈な決定打がない限り、

3回の面接をすべてやっていくことになります。

 

その場合、1回目の面接では次のような質問が考えられます。

 

  • 応募書類に嘘がないかを問うような質問
  • 方向性が大きく違っていないかを確認するような質問

 

少なくとも、自分自身が書類に記載した内容については

完結になめらかに話ができるように準備しておくことが大事です。

 

また、就職したい企業の事業内容や方向性を確認し、

自分の認識が大きくずれていないことを説明できるように

しておくことも重要といえます。

 

 

その過程を通過すれば、次の面接ではもう少し具体的な

質問なっていくことが予想されます。

 

例えば、ある事業に対して、自分の経験の活かし方を

説明できるかどうかは大変重要です。

 

就職活動をしている人間が、事業内容を調べて行くことは

最低限すべきことですから、当たり前です。

 

誰もがやっています。

 

一方で、事業内容を調べて、今の自分が何をできるかまで

具体的に考えていく人は大変少ないのです。

 

この準備をしっかりして、面接の場面で伝えることで

他の就職活動生と差別化を図ることができます。

 

もちろん、仮に採用されたとしても、

今までの経験をそのまま使うわけにはいかず、

社内の細かい規則や作業方針に従って

柔軟に変化させることは必要です。

 

ただし、面接官からは「育成コストを抑えられる」と

見られる可能性が高くなります。

 

何も知らないで0から教育するのと、

少しでも経験があるのとでは

教育にかかるコストが大きく変わることを理解しているためです。

 

 

重要なことは、質問の本質を理解し、その本質に迫るような

回答を準備しておくということです。

 

ここまでは、面接官から就職活動をしている人に対する質問について

書いてきました。

 

次は、就職活動をしている人から面接官に対する質問についてまとめます。

 

スポンサーリンク

就職活動の面接ではどんな質問をすべき?

 

就職活動の面接で、ほとんどの場合、

最後に「何か質問はありますか?」と聞かれます。

 

ここで「特にありません」と答えてしまっては

非常にもったいないのです。

 

しかし、ほとんどの人間は、

面接が終盤に差し掛かったことを理解し、

早くこの緊張感から抜け出したい一心で

「特にありません」と答えて面接を終わらせてしまいます。

 

 

ここでは、もう少しだけ頑張って、質問を切り出してみましょう。

 

面接官と会話することを目的とした、

人柄に迫るような質問をしてみましょう。

 

例えば、次のような質問を準備しておきます。

 

「この仕事をしていて一番嬉しかった瞬間はいつですか?」

「仕事を辞めたいと思ったことはありますか?」

「仕事内容、待遇、社風、何に一番魅力を感じていますか?」

「何を目指していますか?」

 

合わせて、印象的なエピソードも添えて答えてもらいましょう。

 

このような類の質問をすることで、

面接官の考えを推し量ることができます。

 

仕事のことを好きな面接官だとしたら、

感情を込めて回答してくれることでしょう。

 

その際に共感したり、気になったところを

更に深掘りして聞いてみたりすると会話が盛り上がり、

好印象を残すことができます。

 

会話を盛り上げることができれば、

「一緒に働きたい」もしくは

「一緒に気持ちよく仕事できそう」

という感情につなげられるかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回の記事では、就職活動の面接準備ということで、

以下の2ポイントをまとめました。

 

  • 就職活動の面接対策でしたほうが良い準備
  • 就職活動の面接ですべき質問

 

面接官からされる質問でも、

自分自身が面接官に対してする質問でも、

いずれの場合も「本質」が何かを考え、

そこを突くような会話をすることが重要です。

 

そのためには、会話の枝葉にとらわれず、

本質を突く練習を

繰り返してみることをオススメします。

 

ぜひお試しください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.