会社を辞める理由やスマートな伝え方!本音と建て前は必要?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

円満退社を目指すなら、会社を辞める時の理由と伝え方って大事ですよね。

 

人によって退職する理由はさまざまですが、どう伝えたらいいのか悩む方も少なくないと思います。

 

本音を伝えて悪いイメージを与えたくないですよね?

 

好印象で円満退社になる理由や伝え方を紹介します!

 

スポンサーリンク

会社を辞める理由はさまざま

 

会社を辞める理由は人それぞれです。

 

よくある退職の理由はこのようなものではないでしょうか。

 

給与

 

最も多い理由とされているのが給与や福利厚生です。

 

「給料をカットされた」「ボーナスが出ない」「残業手当てがつかない」など様々です。

 

こんなに働いているのに給与と割合わないと疑問を感じる方もいます。

 

そう感じてしまうとやる気がなくなり、仕事のモチベーションが下がってしまい、やめてしまう方が多いです。

 

労働者は自分の価値を給与で表されていますから、金額に納得がいかないと続かないですよね。

 

人間関係

 

次に多い理由とされているのが人間関係です。

 

これはやっかいですね。

 

「指示を聞かない」「仲間外れにされている」「陰口を言われている」など些細な事でも度重なることでストレスを感じてしまいます。

 

職場にはいろんな人いますから、長い時間一緒に過ごすことが苦痛なこともあるでしょう。

 

そうすると人間関係に対する不満が出てきます。

 

一緒に仕事をしたくないと感じてしまえば、仕事に行きたくないと思うようになり最終的にやめることに繋がっていきます。

 

仕事は好きなのに人間関係でやめるのはつらいですね。

 

労働時間

 

「残業時間が多すぎる」「泊りがけで仕事」「休みが少ない」など労働時間を理由にやめてしまう方もいます。

 

ブラックってやつですね。

 

労働時間が多いと、家族と過ごす時間や友達と遊ぶ時間がなくなったり、休みの日は寝て過ごしたりとストレス解消の時間が無くなってしまいます。

 

また、体力の限界を感じやめる方もいます。

 

人間らしい生活を求めるならブラックはきつすぎます。

 

仕事内容

 

会社によって仕事内容は様々です。

 

「人の命を預かる責任の重圧」「1日のノルマが高い」などありますが、そもそも今の仕事に興味がなくやっている方も多いと思います。

 

そういったことから「なんでこんな仕事してるんだろう?」と考えたり、責任の重さがストレスになって辞める方もいます。

 

自分に合わなければ異動も考えられますが、希望がかなわないことも多いですからね。

 

社風や職場の雰囲気

 

「何をやってもダメ出しされる」「仕事がない」など。

 

社風や職場の雰囲気は一個人では変えることはできませんよね。

 

勤めていくことで会社の黒い部分が見えたりして「この会社にいて大丈夫なのかな」と不安になりやめる方もいます。

 

相性ってほんとに大事だなって思うことありますよね。

 

働くのが疲れた ・仕事したくない

 

「そもそも仕事がしたくない」「仕事のことを考えると頭痛がする」「ずっと寝ていたい」という理由の方も中にはいるかもしれませんね。

 

仕事をするよりも好きなことをしていたいという考えだってありますからね。

 

そもそも会社勤めが向いてなかったって気づいてしまったり。

 

スポンサーリンク

会社を辞める時のスマートな伝え方

 

会社を辞める時にはスマートに去りたいものです。

 

ごたごたしないためにも退職を伝える際は1~3カ月前から伝えるようにしましょう。

 

急に辞められても会社や職員に迷惑になります。

 

引き継ぎや、一人で行う仕事なら次の職員に仕事を教えなければならないので早めに伝えるようにしましょう。

 

退職するときは、上司などと直接話すことになると思いますが、伝え方にもコツがあります。

 

退職理由を伝える時は、会社に対する不満や人間関係の不満などは言わないようにしましょう。

 

不満を言うと、「その不満を改善するから辞めないでほしい」と引き留めの口実になってしまうこともあります。

 

なので、あくまでも個人的な理由で退職するということを伝えましょう。

 

「地方に引っ越す」「親の介護が必要になり実家に帰る」などの理由が付けられればいいですね。

 

嘘になっては良くないので、「自分にはやりたいことがある」系の前向きな理由がベターです。

 

退職への固い意志を伝えるのも重要ですが、一方的な言い方や断言するような言い方では相手の心証を悪くさせてしまうのでやめましょう。

 

理解を求めるという姿勢が良いと思います。

 

「転職先が決まっているか?」と聞かれることもありますが、言うか言わないかは自由です。

 

ただ、転職先が今の会社と競合しているところだと悪いイメージを持たせてしまうので言わない方が無難です。

 

また、転職先が決まっていない時は、決まるまで働かせてもらうのもありだと思います。

 

スポンサーリンク

会社を辞める時は準備も必要?!

 

会社を円満に辞めるなら退職準備も不可欠です!

 

自分自身のためにもしっかり計画しておくことをおすすめします。

 

辞めるタイミング

 

辞める理由は人それぞれですぐに辞めたい方もいれば、もう少し働こうかなという方もいると思いますが、転職するひとがほとんどですよね。

 

在職中に転職活動をしてもスムーズに退職できないと転職先の会社に迷惑が掛かってしまうので、時期を明確にしておく必要があります。

 

退職してから転職先を探す人でも、経済面を考えて前もって候補を絞っておきましょう。

 

有休消化

 

有休が残っている状態で退職を伝えると、ほとんどの会社で消化してから退職するように言われると思いますが、中には何も言わない会社もあります。

 

有休の使用は労働者の権利なので躊躇せず使い切りましょう。

 

貯金

 

退職すると収入源がなくなり、転職先がすぐに決まる保証はありませんよね。

 

最低でも1カ月は収入なしで暮らしていける貯金は作っておきましょう。

 

節約しながら浮いたお金を貯金してもいいと思います。

 

転職後も節約を続けられれば、趣味などに使うこともできますしね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

退職する理由はさまざまですが、不満があっても本当の事は言わず個人的な理由を話すように気を付けましょう。

 

辞めたいからと言ってすぐに辞めず、転職のことも考えておくことも大事です。

 

スマートな挨拶で最後まで好印象を与えて円満退社できるようにしましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.