東京オリンピックチケットを購入するならこれだけは済ませておこう!

2019/05/21
 
オリンピックチケット購入
この記事を書いている人 - WRITER -

東京オリンピックのチケットを確実に購入するためには、これだけは済ませておいた方が良い!という情報をお伝えします。

2019年春からチケット購入を申込む事が出来ます。

さらに、クレジットカードで購入するには要注意な事項があります!

 

TOKYO 2020 ID に登録

 

公式チケット販売サイトで購入するには、「TOKYO 2020 ID」 に登録してあることが条件になります。

まずは登録を済ませてしまいましょう!

 

 TOKYO2020ID

 

この案内のうように、「TOKYO 2020 ID」 の登録が必要になりますので、まず一つ目に済ませておきたいことです。

 

登録自体は簡単に5分もあれば完了してしまいます。

 

ここからID登録できます ⇒ https://tokyo2020.org/jp/special/2020id/

 

ID登録するとお得な情報も得られます

 

ID登録しておくと、チケット情報をいち早くキャッチできたり、チケット購入の詳細をメールで知らせてもらえます。

 

ID登録者だけのイベントやキャンペーンも企画中とのことですので、東京オリンピックを余すことなく楽しみたい方は登録を。

 

スポンサーリンク

抽選申し込みが便利

 

窓口販売は2020年まで待たなければなりません。もっと早くチケットを押さえておきたい方は抽選申し込みを利用しましょう。

 

下の案内を見て頂くと、抽選申込み受付から販売までの一連の流れが分かります。

 

 

赤字の部分の文字が小さいので拡大しておきます。

 ※公式チケット販売サイト、購入方法の詳細は2019年春に発表予定です

 ※詳細なセッションスケジュールは、公式チケット販売サイトをご確認ください

 ※販売スケジュールは変更になる場合がございます

 

 

ここでもう一度、「TOKYO 2020 ID」登録からの流れをフロー図で確認しておきますと、以下のようになっています。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードはVISA

 

Visaは唯一の決済テクノロジースポンサーであり、チケット購入を含む会場で使える唯一の決済ブランドです。」と発表されています。

 

え!? となった方は急いでご自分のクレジットカードを確認してください。

 

VISA

 

VISAカードだと手数料が無料なのに、現金だと432円もかかるんですね!

私もVISAを持っていなかったため、今からカードを作るつもりです。

 

これが2つ目に済ませておきたいことです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

オリンピックのチケットを事前に購入するためには、「TOKYO 2020 ID」 への登録をしておくこと。

 

自分のクレジットカードを確認して、VISAでなければ急いでカードを作っておくこと。

 

これだけは済ませておいた方がいいですね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.