男装初心者がイケメンになるにはどうすればいい?簡単な方法解説!

雑学
スポンサーリンク

こんにちは。

この記事では、男装の仕方がわからない方に向けて、

初心者でもできる男装のコツをお伝えしていきます。

 

ハロウィンや文化祭、その他イベントなどで

仮装をする機会がありますよね。

女性に人気な仮装の中には、男装がありますが、

実際にやるとなってもやり方がよくわからないという方もいるかと思います。

 

特に最近はハロウィンの盛り上がりがすごく、

「今年は私もやってみようかな」

と思っている仮装初心者の方もいるでしょう。

 

そこで、初心者にも簡単にできる

男装のやり方とコツについてご紹介します。

少しでも役に立つ部分があれば、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

男装を初めてするなら何から始めるのがイケメンへの近道か

 

男装をするのであれば、やはりイケメンに憧れますよね。

では、どのようにしてイケメンに近づけば良いのでしょうか。

 

ポイントとしては、以下の点が挙げられます。

  • 髪型
  • スタイル

 

 

まず、なんといっても顔は大事ですよね。

真っ先に目に入る場所なので、ここからイケメンに近づけましょう。

 

男性と女性の大きな違いは、骨格にあります。

大まかに言うと、女性はふっくらとして柔らかい印象ですが、

男性はゴツゴツしてキリっとした印象が強いです。

 

つまり、男装をする際には男性特有の

ゴツゴツした骨格を再現したり、

シャープな印象を与えられるメイクをしたりすることが重要なのです。

 

例えば、テーピングをしてこめかみ辺りを吊り上げ、

頬骨を強調したり目元をつり気味にしたりすることが有効です。

 

 

他にも、どんな顔のイケメンに寄せるかも重要ですよ。

一括りに「イケメン」といっても塩顔なのか、ソース顔なのかで

メイクが変わってきます。

塩顔なら掘りは浅めで、ソース顔なら眉毛の印象を強くするなど、

女性のメイクと同じように、なりたい顔によって

メイクの種類や方法を工夫してみてください。

 

ただし、どちらにせよベースはナチュラルにしておきましょう。

あまりメイクしている感じが出すぎると、男性らしさが減少するからです。

 

 

パーツについては、以下の点に気を付けて下さい。

  • リップは色味を抑えて薄めに塗る。存在感が減るように。
  • 眉毛は直線的に描く。凛々しい印象を与える。
  • 目はつり目気味に。
  • 鼻や目元はホリを入れる。

 

 

次に、髪型です。

女性はロングヘアでもいけますが、

男性だとショート~ミドルが妥当でしょう。

ウィッグを被り、男らしい印象を与えられるようにしてください。

 

髪質はマットなものを選びましょう。

ツヤがありすぎると女性らしさがでてしまうためです。

 

 

最後に、スタイルです。

 

身長はなるべく高くしましょう。

最低でも165cmほどある方が男性らしくなりますね。

厚底のスニーカーやダッドシューズ、革靴などを履いて

身長を高く見せましょう。

元の身長が低い場合、大き目の靴を選んで

インソールを入れるのもオススメです。

 

 

体型はある程度細身で大丈夫ですが、

細すぎると女性らしさが出てしまいます。

男性は細くてもある程度筋肉がついていたり、

骨が太くゴツゴツしていたりするため、女性では再現しにくい場合があります。

 

そんなときは、服装を変えてみると、男性っぽくなるかもしれません。

男性の中にも、細すぎる体型をカバーするために

コーディネートを工夫している方もおられますので、

意外と簡単にできると思います。

 

 

そこで、次の項では服装選びのコツについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

男装するには服が重要!選び方のコツはこれ!

 

イケメンと言われる男性の中には細身の方も多数存在します。

しかし、どんな人でも最低限の男性らしい体つきや

筋肉は持ち合わせているものです。

 

そこで、女性の体をカバーして男性の体型に見せるための、

服装選びについてご紹介します。

 

 

トップスでオススメなのはニットやシャツです。

ニットはゆったりしたシルエットのものを選んでください。

ピッチリ体に張り付くようなTシャツと違って

体つきをカバーすることができるからです。

シャツは、男性らしいアイテムなのでオススメです。

ネイビーやブラックなど、濃いめの色を選択することで

クールでかっこいい印象を与えることができますよ。

 

 

ボトムスは、ストレートやワイドなシルエットのパンツ

特にスラックスがオススメです。

男性の定番モテアイテムは黒いスキニーパンツですが、

女性が履くと足の細さが目立ってしまうので

あまりオススメできません。

そのため、上記のようなアイテムをかっちり着こなすことが

頼りがいのある男らしい印象への近道と言えます。

 

 

靴は先ほどの項でも述べましたが、

厚底のスニーカーや革靴を着用しましょう。

革靴は、男女ともに愛用者の多い、

ドクターマーチンなどいかがでしょうか。

底が厚く、専用のインソールも手軽に購入できる他、

黒い本革で男らしさを演出できます。

また、男装時以外にも私服に合わせることができるので、

よければチェックしてみてください。

 

 

最後にジャケットですが、

ライダースやチェスターコートなどがオススメです。

ただし、他のトップスやボトムスにも言えることですが、

必ずメンズを購入してくださいね。

一見同じようなアイテムでも、メンズかレディースかで

着用したときのシルエットの変化が意外と大きいからです。

 

 

このように、顔回りだけでなく、

全体的な雰囲気を大切にするようにしてくださいね。

そのほうが、より男らしく、イケメンに見られる可能性が上がります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか?

 

初めて男装に挑戦するという方は、

ぜひ今回紹介したことを意識して取り組んでみてください。

 

少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

 

雑学
スポンサーリンク
じぇいさかブログ
タイトルとURLをコピーしました