知らないと超危険!?電子レンジにアルミホイルがNGなのはなぜなのか?

生活
スポンサーリンク

万能家電ともいえる電子レンジですが、

いくつか注意しなければいけないこともあります。

 

そのひとつが、

「金属を入れてはいけない」

ということ。

 

特に、アルミホイルには注意が必要です。

 

似たような使い方をするビニルラップは大丈夫ですが、

アルミホイルは電子レンジに入れてはいけません。

 

ほんの数秒で、電子レンジが壊れたり、

最悪の場合は火災につながるからです。

 

なぜ、そんなことが起こるのでしょうか。

スポンサーリンク

故障や火災の危険大!?電子レンジにアルミホイルが使えないのはなぜ?

 

電子レンジに金属を入れてはだめだ、

ということは有名ですが、

入れるとどうなるのか、見たことはないですよね。

 

もちろん、実際に実験するのは危険なので、

動画サイトなどで検索してみましょう。

 

電子レンジの中で、

アルミホイルから火花が散っている動画が、

いくつも見つかるはずです。

 

電子レンジにアルミホイルなど金属を入れると、

大きく分けて2つの危険が発生します。

 

1つめは、電子レンジの故障です。

 

これは、パッと見ただけではわからない事故の一つです。

電子レンジが爆発したりするわけではないからです。

 

しかし、次に使おうとしたときに動かなかったり、

加熱されなくなったりします。

 

電子レンジでアルミホイルを加熱したことが原因で、

電子レンジの部品が壊れてしまうのです。

 

2つめは、発火です。

 

突然、アルミホイルの表面から火花が散る現象です。

 

この火花が、一緒に入っているものに引火すれば、

火災になってしまいます。

 

もちろん、両方同時に起こることもありますし、

どちらか片方だけ、ということもあります。

 

いずれにせよ、

電子レンジにアルミホイルを入れることは、

非常に危険な行為です。

 

アルミホイルに限らず、

金属を使ったものは電子レンジに入れてはいけません。

 

スポンサーリンク

電子レンジにアルミホイルがNGなのはなぜ?レンジの仕組みに理由が!?

 

そもそも、電子レンジはどのような仕組みで、

中のものを温めているのでしょうか。

 

電子レンジの中では、

「マイクロ波」という電磁波が発生しています。

 

このマイクロ波にはある特徴があります。

 

それは、

水分子や電子を激しく振動させる

という特徴です。

 

水分子は振動すると熱が発生します。

 

ほとんどの食品には水分が含まれているため、

電子レンジに入れてマイクロ波を当てると、

水分子の振動により温められるのです。

 

では、この電子レンジに金属を入れると、

どうなるのでしょうか。

 

金属には、電子という小さな粒がたくさん含まれています。

 

この電子も、

マイクロ波が当たると激しく振動します。

 

すると、通常よりもマイクロ波を反射しやすくなります。

 

電子レンジは、温めている食品に

マイクロ波が吸収されることを前提として、

設計されています。

 

そのため、反射するマイクロ波が想定範囲を超え、

電子レンジの中が高温になります。

 

この温度に耐え切れず、

部品が故障してしまうことがあるのです。

 

さらに、金属の中の電子は均一ではありません。

 

折れ曲がった部分など、

エッジの効いた部分に特に集中します。

 

マイクロ波により激しく振動した電子が、

折れ曲がった部分など一部に集中し、

やがてアルミホイルの中にとどまっていられなくなります。

 

すると、電子がアルミホイルから飛び出すのですが、

この時にエネルギーを発散し、火花が散るのです。

 

完全に平面で、ある程度の厚みのある金属では、

この現象は起こらないのですが、

家庭にある金属には曲がった部分がたくさんあります。

 

食器にかぶせたアルミホイルの端は、

細かなエッジがたくさんあり、

大変危険です。

 

金属製のスプーンやナイフ、フォークも、

緩やかなカーブの部分に電子が集中しやすくなります。

 

金属製のボウルやお皿も、電子レンジに入れるのは危険です。

 

全体が金属でできたものに限らず、

一部に金属をあしらったお皿やカップでも同様です。

 

マイクロ波が金属を直撃しなければ、

このような現象が起こるリスクは多少減らすことができます。

 

お弁当箱に入れたアルミカップは平気だった、

などの表記を見ることがありますが、これは、

プラスチックに囲まれたことで電子の振動が抑えられたためです。

 

ただし、この方法ならいつでも大丈夫、ということではなく、

危険であることに変わりはありません。

 

そのため、電子レンジに金属を入れてはいけないのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

電子レンジは正しい使い方をすれば、

私たちの生活を力強くサポートしてくれる、

心強い味方です。

 

しかし、使用にあたっては注意事項を守らないと、

大変危険な器具でもあります。

 

幸いなことに、

電子レンジに金属を入れなければならない状況

というのは、あまり考えられません。

 

お皿にフタをして温めたければ

ビニルラップを使えばいいし、

 

温める間だけでもプラスチック容器に移せば、

火災の危険は避けられます。

 

せっかく便利な器具なのですから、

正しい使い方をして上手に付き合っていきたいですね。

 

生活
スポンサーリンク
じぇいさかブログ
タイトルとURLをコピーしました