カーテンは紫外線をどのくらい通すの?家の中で日焼けなんてイヤ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「家にいても日焼けする」という事実を知っていますか?

 

「外にいるから日焼けする、外にいなければ大丈夫!」

という考え方を持っている人が多いでしょう。

 

しかし実際には、家の中にいても日焼けするのです。

 

 

そもそも紫外線とは何かご存知ですか?

 

太陽から発せられる光線のうちの1つです。

大きく、赤外線、可視光線、紫外線と分けられます。

紫外線は波長が短く、不可視光線ですから目には見えません。

 

紫外線の中にも波長によって分類があり、

成層圏やオゾン層で吸収されてしまうものもあります。

 

この中で、UV-Aに分類される紫外線が、

大気には吸収されずに地表面まで届きます。

 

家の中にいたとしても、

ガラスを通り抜けてこの紫外線は部屋に届きます。

 

そのため、人体も物も、家の中にいても日焼けをするのです。

 

 

では、家の中での日焼けを防ぐためには、

どうしたらいいのでしょうか?

 

紫外線を通さないカーテンを取り付けることが有効です。

 

みなさん、カーテンがどのくらい紫外線を通すのかご存知ですか?

 

ポイントは光をどのくらい通すのかということです。

 

光を遮ると書いて、

文字通の「遮光カーテン」というものもありますね。

 

その違いを明らかにしながら、

部屋の中で日焼けしない

有効な手段を考えていきましょう。

 

次で詳しくお話ししますね。

 

スポンサーリンク

遮光と紫外線カットの違いって?

 

ここからは遮光カーテンと紫外線カットカーテンの違いを探ります。

 

例えば、カーテンではありませんが、

昔からあるようなブラインドやシャッターなどは、

そもそも光を通さないので

紫外線カットの役割を果たしているといえます。

 

最近だと、遮光カーテンというものが一般的になっています。

 

これは、文字通り、光を遮るカーテンです。

 

可視光線を高い遮光率でカットします。

 

ブラインドやシャッターと同様に、

光そのものをカットしますから、

紫外線も同じくカットされています。

 

特徴としては、光を通さないので部屋が暗くなります。

 

目安としては、昼間でも電気をつける必要があるくらいになります。

 

 

続いて、紫外線カットカーテンについて見ていきましょう。

 

紫外線カットカーテンの場合は、

カットするのが紫外線のみというのが特徴です。

 

可視光線はカットされずに透過されるため、

部屋の中が暗くなることはありません。

 

 

つまり、遮光カーテンも紫外線カットカーテンも、

同じように紫外線カットの役割を果たす

ということがわかります。

 

違いは、可視光線をカットするかどうか、

言い換えれば部屋が暗くなるかどうか、

という点にあります。

 

それでは次に、実際のカーテンの選び方についてお話ししましょう。

 

スポンサーリンク

家の中でも日焼けする?カーテンの選び方

 

遮光カーテンと紫外線カットカーテンの違い

についてはわかりましたね。

 

家の中での日焼けを防ぐという点では、

遮光カーテンを選んでも

紫外線カットカーテンを選んでも、問題ありません。

 

どちらも紫外線をカットしてくれるため、

カーテンを付けさえすれば

家の中で日焼けしないという目的を果たすことができます。

 

ふつうのカーテンではなく、

紫外線カットカーテンか、

遮光カーテンを買い、

取り付けるようにしましょう。

 

紫外線カットカーテンか遮光カーテンか、

どちらを買うかで悩んだら

考えるべきポイントは

「太陽が出ている時間帯に部屋が暗くなっても良いか」

ということです。

 

例えば、昼間部屋にいるとき自然光で過ごしている方や、

朝カーテン越しに部屋に差し込む朝日で起床する方は、

紫外線カットカーテンの方が適しているといえます。

 

紫外線だけをカットして可視光線を通してくれる

紫外線カットカーテンなら、

その生活を変える必要はありません。

 

もし、部屋の明るさなんて関係ないとお考えでしたら、

遮光カーテンを買っても問題ありません。

 

部屋での過ごし方に合わせて買うのがベターです。

 

もしくは、カーテンを2レールにつけられる場合には、

昼間用にはレースタイプの紫外線カットカーテンを取り付け、

就寝時用には光を一切通さない遮光カーテンを取り付ける、

という具合に2段構えで使うのも有効ですね。

 

ちなみに、私は寝る時間が不規則で、

光によって目覚めたくない時もあるため、

このようにしています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、家の中で日焼けしないようにすることを目的に、

紫外線に着目したカーテン選びの基準をまとめてみました。

 

普通のカーテンを使って生活していると、

家の中にいても到達する紫外線によって、

体も物も日焼けしてしまいます。

 

日焼けを確実に防ぐためには、

紫外線カットカーテンか、

遮光カーテンを買って、

紫外線をカットする必要があります。

 

いずれも紫外線カットの役割を果たしますので、

あとは日差しをどれだけ部屋に取り入れたいのか、

自分自身のライフスタイルに合わせて、

最適なカーテンを選んでみるのがよいでしょう。

 

どちらかを単体で使うのも良いですし、

合わせて使い分けるのも良いですね。

 

ぜひお試しください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.