彼女の作り方がわからない方必見!社会人が彼女を作る方法と出会いの場

 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん、今、彼女いますか?

 

 

社会人になると、家と会社を往復する日々です。

 

日常生活の中で顔を合わせる人は限定的になり、

そもそも女性との新しい出会いが少なくなっていきます。

 

そして、彼女の作り方がわからないという状況に陥ります。

 

 

少し振り返ってみましょう。

学生の頃はどうでしたか?

 

授業、サークル、インカレ、飲み会、いろんな場所で

女性と出会う機会があり、それがきっかけになって

彼女ができることは多々ありました。

 

女性との出会い自体はありますから、

彼女ができないと絶望するよりは、

できる可能性を感じていることの方が多いのです。

 

 

では、社会人になるとどうでしょうか?

 

学生の頃に比べて、明らかに女性との出会いが減ります。

 

それ故に、彼女ができる可能性を感じにくくなっている場合があります。

 

 

そこで今回は、社会人向けの彼女の作り方をご紹介します。

 

ポイントは以下の2つです。

 

・社会人向けのターゲットの定め方

・出会いの多い場に積極的に足を運ぶ

 

それでは早速、掘り下げていきましょう。

 

スポンサーリンク

彼女の作り方【社会人編】

 

学生時代と社会人になった今の生活を比較すると、

新しく出会う人の顔ぶれが変わっていることに気づきます。

 

普通に家と会社を往復していては、

「彼女になりうる女性」との出会いは非常に少ないでしょう。

 

かといって、多くの時間を過ごす社内で

ガツガツ彼女候補を探すのは気が引けます。

 

学生時代に出会いの場として期待していた「飲み会」さえも、

社会人の場合は、消極的に参加する部署の打ち上げか、

同期が集まって他愛もない話をするようなものばかり…

 

結局気が付くと、彼女の作り方がわからない状況に陥っています。

 

繰り返しますが、日常生活において

「自然に女性と出会う機会」が減りますから、

自らその機会を作っていくしかありません。

 

ただ、戦略も何もなく、

闇雲に女性を探すのは非常に効率が悪いので、

まずは「ターゲットを明確に定める」ところから始めましょう。

 

社会人向けの彼女のつくりかたのポイントとして、

最も大事なことは「自分が求める共通項を複数見つける」

ということです。

 

その上で、それを満たす女性をターゲットとして探すのです。

 

例えば、

  • 同じ業種
  • 田舎が一緒
  • 趣味が同じ

 

なんでもいいので共通項を考えます。

 

ここで定めるターゲットが、あなたの

「こんな人と付き合いたい」という理想となります。

 

 

例えば、「業種」が同じ人とは仕事の話を気兼ねなくできます。

 

田舎が一緒なら、思い出話で盛り上がるかもしれません。

 

趣味が同じなら、一緒にやって時間を共有できるかもしれません。

 

まず、はじめて出会ったタイミングで共通項が多ければ、

それは安心感に繋がりますので、距離感がぐっと近づきます。

 

「こんな話をしたいな」とか、

「一緒にあんなことやりたいな」とか、

相手に何を求めるのかを具体化しておくことが大切です。

 

 

ちなみに、同じ業種、田舎が一緒、というのは

ルーツに関わることなので、根幹でつながることを狙えます。

 

また、趣味が一緒というのは、

「今持っている価値観」が合うか合わないかを測る

バロメーターになります。

 

仕事で忙しい中でも、エネルギーを割いて時間を作ってまで

やるというのは、相当な意気込みがあるものです。

 

これが一致するというのは、インパクトがあることなのです。

 

 

ということで、大事なのは、自分が相手に何を求めるのか、

一緒にどんなことをしたいのか、という思いを基準にして、

ターゲットを明確に定めるということです。

 

ターゲットが定まったら、次の段階に進みましょう。

実際に「会いに行く」のです。

 

次で詳しくお話しますね。

 

スポンサーリンク

社会人に多い出会いの場はどこだろう

 

社会人になって、

なんとなく「出会い」を求めていたとしても

漠然としすぎていて、結局何も起こりません。

 

求めるものが明確になってはじめて、

出会いの形をイメージできたり、

日々転がっているチャンスに気づけたりするのです。

 

 

上述のターゲットを少し具体化してみましょう。

 

例えば、「趣味が同じ人」として、

「運動好きな人」との出会いを探してみます。

 

サッカーやフットサルが好きなら、

平日の夜にフットサル好きな社会人が個々に集まる

「個サル」に通ってみるのが良いでしょう。

 

グループではなく個人個人で集まっていますから、

気になる女性がいたときには同じチームになったことを

きっかけにして会話する機会を作ることができます。

 

 

ランニングが好きなら、ランニングステーションのような

ところで催している「誰でも参加できるランニング会」に

行ってみるのが良いでしょう。

 

みんなで共通の目標を持ってランニングしながら、

その最中に自然に話すことができます。

 

大事なことは、

たまたま出会った人に共通の趣味を求めるのではなく、

最初から

「共通の趣味を持つ人が集まる場所を狙って足を運ぶ」

ということです。

 

戦略的に「出会いの場」に足を運ぶことが何より重要なのです。

 

 

このようにすると、求める出会いの形を自ら作っていけるようになります。

 

あとは、彼女ができるまで繰り返していくことですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回の記事では、社会人の彼女の作り方として、

2つのポイントを紹介しました。

 

・ターゲットを明確に定めること

・ターゲットに合う人が集まる場所に自ら足を運ぶこと

 

これらを実践していくことで、社会人生活の中にも

たくさんの出会いの機会を作っていくことができるようになります。

 

何もしなければ、会社と自宅の往復で単調な日々のままです。

 

自ら戦略的に、かつ積極的に、機会を作りに行ってみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.