家庭のトイレに手洗いは必要か!?意外にもデメリットが多い!

生活
スポンサーリンク

みなさんのお宅のトイレには、

手洗い”がついていますか?

 

マイホームを検討するとき、

こだわりを持ちたいのが、

トイレの空間。

家族が共有するプライベート空間は、

居心地が良いだけでなく、

衛生面も整った、

素敵な空間にしたいですよね。

 

そんな素敵なトイレにしたいのなら、

まず思いつくのはトイレの手洗いです。

手洗いをトイレにつける方は多いですが、

逆に、「設置しなかった!」

という話もよく聞きます。

それは何故でしょうか?

 

実は、トイレに設置された手洗いには、

意外にも、デメリットが多くあるからです。

 

家庭のトイレに手洗い設置はデメリットが多い!?

 

トイレに行って用を足したら、

必ず手を洗いたいですよね。

できれば、ドアノブを触る前に、

トイレの個室内で、

手を洗ってしまいたい!

と考えるのは私だけでしょうか?

 

トイレでようを足した後に、

すぐに手を洗わないと、

さまざまな場所に菌を広げてしまいそうです。

 

しかし、

トイレの中に手洗いを付けると、

いくつかのデメリットがあります。

 

トイレの空間が狭まる。

手洗いをトイレにつけるのには、

少なからず、スペースを取ります。

それが苦になってしまうと、

デメリットとなってしまうでしょう。

また、手洗いを設置する場所を

きちんとシミュレーションしておかなければ、

いざ家が建ったときに、

「手洗いが邪魔でドアが開けにくい!」

ということにもなりかねません。

 

手洗い周辺の床が濡れる。

トイレの空間は、

いつでも清潔に保っておきたいところですが、

手洗い周辺の床は、

手を洗ったときに水が落ちやすいため、

「気づいたら水浸しになっている」

と言うこともあり得ます。

そうなると、

手洗い場の足元にマットを置くなど、

対策をしなければなりませんので、

またその分のスペースを

取ることになるでしょう。

濡れた床の掃除も、

手間になりますし、

放置していれば、

カビの原因にもなってしまいます。

 

手洗いの掃除が必要。

トイレの掃除を

面倒に思っている方もいるでしょう。

トイレの中に手洗いをつけると言う事は、

その部分も掃除をしなければならない

と言うことです。

水回りは、汚れやすく、

頻繁に掃除をする必要が出てきます。

 

手洗いを設置する費用がかかる。

トイレの個室内に手洗いをつける費用は、

決して安くはありません。

メーカーや、施工業者によりますが、

一般的には10万〜15万円ほど、

グレードを少しあげれば

20ま万円弱かかるようです。

この金額を安いととるか、

高いととるかはあなた次第ですが、

この金額があれば、

リビングのインテリアを

ひとつ増やす位にはなりそうですね。

 

 

もちろん、手洗いを付けることで、

「すぐに手が洗える」

「ドアノブが汚れない」

などのメリットもあります。

2階のトイレに設置すれば、

掃除や植物の水やりなどに使える水源となり、

便利な面もあります。

マイホームを検討中の方は、

トイレの設置を考える際には、

以上のデメリットを考慮した上で

慎重に計画していってくださいね。

 

トイレの手洗い付きタンクに石鹸を使うのはどうなの?

 

それぞれのライフスタイルにもよりますが、

用を足した後の手洗いは、

石鹸を使いたいと言う方もいらっしゃいますよね。

トイレの手洗い付きタンクに、

石鹸を使うのはどうなのでしょうか?

 

さまざまなウイルス感染に、

一番効果的な予防法が「手洗い」です。

石鹸を使い、手洗いすることで、

さらに効果が高まります。

 

そして、トイレは家の中で

一番菌やウイルスが多く、

他の家族に広まりやすい場所なので、

家族間のウイルス感染を気にするならば、

石鹸を使った手洗いは必要でしょう。

 

手洗い用の石鹸にも様々な種類がありますが、

おすすめは、

ワンプッシュで使える泡ソープです。

 

固形の石鹸よりは、

多少洗浄力が劣ってしまいますが、

泡立てる必要がないので、

短い時間でさっと手を洗え、

朝のトイレ渋滞も緩和しますよね。

 

固形石鹸には、

「費用がかからない」などの

メリットがありますが、

前回使った人の菌やウイルスが

残っておる可能性があるなど、

衛生面でのデメリットが大きいです。

 

とはいえ、

トイレの手洗いタンクは

スペースもあまり無く、

石鹸が邪魔になる場合もあります。

「石鹸を使わなくても、水洗いで充分!」

という方も多いので、

トイレの手洗いタンクでの石鹸の利用は、

それぞれのライフスタイルに合わせて、

利用を考えてみてください。

 

まとめ

 

トイレの手洗いには、

意外なデメリットが

多くあることを紹介しました。

 

トイレの手洗い問題は、

“広い空間”と“衛生環境”を天秤にかけて、

よく考えなくてはなりません。

 

細かなシミュレーションも、大切ですよ。

 

また、衛生面を大切にしたいならば、

トイレの手洗いタンクに

ハンドソープの設置を検討しましょう。

家族間であっという間に広がってしまう

風邪などの感染予防に、

ひと役かってくれることでしょう。

 

素敵なマイホームにするために、

参考にしてみてくださいね。

生活
スポンサーリンク
じぇいさかブログ
タイトルとURLをコピーしました