バナナチョコとチョコバナナの違いって何?お祭りで使える雑学!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

お祭りの出店やお菓子の味などで見かける

バナナチョコとチョコバナナという文字。

 

ただ、ぱっと見、同じような文字列で

違いって分かりにくいですよね。

 

そんなバナナチョコとチョコバナナの違いはズバリ、

メインがバナナかチョコかの違いです!

 

 

チョコバナナとは、言い換えて見れば

チョコレートでコーティングしたバナナや

バナナ味がメインとなるものをいいます。

 

そしてバナナチョコは、

チョコレートがメインで

バナナは風味程度に感じられるものになります。

 

 

そんなチョコバナナとバナナチョコの違いを

例えを交えながらご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

バナナチョコとチョコバナナの違いとは?出店やクレープにあるのは…

 

 

チョコバナナという言葉はお祭りの出店をはじめ、

多くの場所で見かけますよね。

 

市販のお菓子からクレープ、アイスクリームと

多くの商品に取り入れられています。

 

まず、お祭りの出店やイラストでよく見かけるのが、

1本のバナナに茶色いチョコレートがかかっているものです。

 

そこにチョコスプレーが振りかけられ、

割り箸や串に刺してあるのがチョコバナナになります。

 

そのままバナナがメインで、

そこに美味しさをプラスするように

チョコレートでコーティングしてあります。

 

 

もう1つ分かりやすいチョコバナナの例として、

チョコバナナ味のアイスクリームがあります。

 

チョコバナナ味のアイスクリームは、

バナナ味のアイスクリームの上に

チョコレートをコーティングしたもの。

 

 

もしくはカップ系の場合には、

バナナ味のアイスクリームに

チョコレートソースを絡めていたりと、

メインはあくまでバナナ味のアイスなんです。

 

 

私もチョコバナナ味のアイスが大好きで、

よくシャトレーゼという店の

チョコバナナバーというアイスを食べることがあります。

 

やはり食べてもバナナ味がメインに口の中に広がって、

そこにチョコレートの風味が絡んで

贅沢な甘味が広がります。

 

チョコレートの味だけだと

甘すぎて食べられないという人にも、

 

バナナ味のアイスクリームがメインだと、

それなりに甘さ控えめで食べやすくなります。

 

小さな子供たちでも

バナナ味のアイスであれば

チョコレートの味よりも食べやすいですよね。

 

 

また、チョコバナナの定番の1つとして

クレープは外せません。

 

チョコバナナクレープの特徴も

バナナがメインになっています。

 

輪切りにしたバナナにホイップクリーム、

そしてそこにチョコレートソースが

添えられるようにかけられています。

 

そしてやはりチョコバナナクレープを食べると

バナナの味の中にチョコレートであったり

ホイップクリームの味が広がります。

 

 

今となっては、

チョコとバナナという組み合わせは、

とても美味しくて間違いない組み合わせの1つになっています。

 

スポンサーリンク

バナナチョコとチョコバナナの違いとは?バナナチョコはチョコが主役?

 

これまでチョコバナナについて紹介してきましたが、

逆にバナナチョコとはどのようなものかご紹介していきます。

 

バナナチョコというのは、

バナナがメインではなく、

チョコレートが主体のものになります。

 

 

例えば昔からあるバナナチョコの

代表格と言えば、明治のその名も

『バナナチョコ』。

 

この明治のバナナチョコは、

パッケージはバナナ色の黄色で

可愛い猿がキャラクターとして描かれています。

 

バナナチョコというだけあって、

チョコレートのフォルムがバナナの形になっています。

 

そのバナナの形の中で

中身となるメインが普通の茶色いチョコレートで、

バナナの皮を表現している黄色い部分がバナナ味となっています。

 

これこそがまさしくお菓子の名称にもある通り

バナナチョコなのです。

 

 

私もこの商品は昔からなじみのお菓子として食べていましたが

小さなバナナのようでとても食べやすく

子供のおやつとしても重宝しそうなお菓子の1つです。

 

また、バンダイから発売されている

ミニオンズのバナナチョコバーも

 

やはり普通のチョコレートが大半を占めており、

バナナ風味のチョコレートは土台のようになっています。

 

そのため、バナナ風味の箇所は、

その商品の2割程になっています。

 

 

バナナチョコは、食べた時にバナナ味が主張せずに

食べ慣れているチョコレートの味が広がり、

その中にほんのりとバナナ風味がするのが特徴です。

 

ですので、バナナ風味が強すぎるのが苦手だ、

チョコレートの中にほんのりバナナ味を楽しみたいという人には、

チョコバナナではなくバナナチョコがオススメです!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

これまでチョコバナナとバナナチョコの

違いをまとめてきましたが、

 

バナナチョコとチョコバナナの違いは

メインがバナナかチョコかの違いです。

 

チョコバナナとは、

 

バナナやバナナ味がメインのものとなり、

チョコレートはコーティングしたり

練り込まれている状態になります。

 

 

逆にバナナチョコは、

 

チョコレート味がメインで

バナナ味がコーティングであったり

ほんのりとバナナ風味を感じられるものになります。

 

もし万が一迷った時には、

バナナとチョコという文字の間に、

『風味の』と付け加えると分かりやすいですよ!

 

例えば、

チョコバナナであれば、チョコ風味のバナナ。

バナナチョコであれば、バナナ風味のチョコ。

 

この2つは似ているようで全く違いますよね?

 

 

それを踏まえた上で、

チョコバナナとバナナチョコを見比べてみると

全然違って見えてくると思います。

 

似たような言葉なので

慣れてくるまでは分かりにくいと思いますが、

是非とも参考にしてみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.