洗濯するとデニムは縮みますか?その理由と対処方も含めて解説!

生活
スポンサーリンク

普段着にもオシャレ着にも

幅広く活躍してくれるデニム。

 

最近の売り場では

ワンウォッシュ・リジッドなど

様々な記述の物があって、

 

「よくわからないけどまあいいか」

 

と購入したあと、洗濯して再びはいてみたら

妙にキツくピチピチになってしまった…

という経験はあなたもないでしょうか?

 

これは、あなたが数日で

太ってしまったわけではなく、

デニムが縮んでいるのです。

 

 

デニムの原材料である綿自体には

伸縮性がありますが、加工の工程で

引っ張って糊で固めます。

 

なので洗濯時は糊が溶けて

天然材料繊維ということもあり

縮んでしまうわけです。

 

 

伸縮性があるので履いてるうちに

ある程度は伸びてきますが、

 

品物によっては

特に大きく縮んだものについては

元のサイズに、というのは難しいです。

 

 

ですので、縮むのが怖い場合は

購入時に余裕あるサイズを選ぶか、

 

予め縮めてある

「ワンウォッシュ」製品を選びましょう。

 

 

更に、都市伝説のように、よく聞く言葉…

「デニムは洗わない方が良い」

コレ、本当なんでしょうか?

 

正解は「気になった時に洗う」です。

 

でも、洗う時は

オシャレ着洗い用の洗剤で

デニム単体で洗いましょう。

 

 

今回は、身近なのに謎の多いデニムについて

ご説明します。

 

是非参考にして頂いて、

デニムをもっと身近なものにしましょう!

スポンサーリンク

デニムは何故縮むのか?

 

デニムの原材料は伸縮性のある綿ですが、

製品を作る際は作業しやすくする為に

 

ピンと張った状態の生地を

糊で固めてから製品を作っていきます。

 

糊で固められた製品はすごく固く

形状を保っていますが、洗濯すると

糊が落ちて繊維が緩むことになります。

 

引っ張られて固定されていたものが

緩みますので、

繊維は元の状態に戻ろうとしたり、

 

洗濯で揉まれる事で

繊維同士が絡んだりして縮むわけですね。

 

 

これらはノンウォッシュ・リジッド・

生デニム等と呼ばれ、

 

特に縮みやすい性質を持っています。

(ウェスト・丈ともに4~6cm程縮む)

 

では縮むのが嫌だなという場合は

どうすれば良いでしょうか?

 

 

お店には「ワンウォッシュ」と

表記されているものがありますが、

 

これはメーカーさんで予め洗って

縮めている物を指します。

 

ですので初めてデニムを買う、

後から縮んでキツくなるのは嫌だ、

という場合はこちらを選ぶようにしましょう。

 

 

ちなみに縮みを想定して

ノンウォッシュを購入される方法もあります。

 

品番によりワンウォッシュが無かったり、

自分で意図した形に整えたい場合ですので

慣れた愛好家向けと言えるでしょう。

 

 

ノンウォッシュ購入時は、

全体が大きく縮む事を想定して、

 

ウェストは拳ひとつぶん、

太腿はひとつまみできるぐらいの

余裕を持って購入すると良いですね。

 

 

ぬるま湯で一度糊を落としたら、

洗濯を数回繰り返して段々と

縮めていきますが、

 

糊落としの後

コインランドリーの乾燥機を使い

一気に縮める方法もあります。

 

この時ねじれによる不自然な色落ちに

注意したいところです。

 

 

どちらが良いのか迷ったら、

 

どのデザインの物が気に入ったのか、

どのように手入れしていけば良いのかを

店員さんに相談してみると良いでしょう。

 

 

もし、あなたが「ノンウォッシュを

サイズピッタリで買い、既に洗濯で

ピチピチになってしまった」という場合は、

 

履けるでようあれば履いているうちに

伸びていきますし、

 

洗面器にぬるま湯を張り、リンス又は

コンディショナーを混ぜ、デニムを混合液で

濡らし乾かないうちに頑丈な型を中に入れる

 

または着用して伸ばすようにしてから

陰干しする、(丈まで縮んだ場合は

足先のほうを洗濯バサミに挟みます)

 

といった事を繰り返すことでも、

元通りは難しいですが

ある程度は伸びてくれます。

 

スポンサーリンク

デニムは洗濯しちゃいけない?

 

ところであなたは

「デニムは洗わないほうが良い」という話を

聞いたことはないでしょうか?

 

正解は

「気になったら洗った方が良い」です。

 

 

「洗わない方が良い」も一理ありまして、

 

洗濯をしない利点は、自分の動作のシワが

長く残り続けデニムとしては

綺麗な形の色落ちが期待できるのですが、

(部位によりアタリ、ヒゲ、ハチノス等と呼ばれる)

 

反面洗濯しないでおくと

デニム生地に皮脂や汗が付着して

そのままになりますので、

 

生地が酸化して傷みやすくなりますし、

衛生面も気になってしまいますよね。

 

ですので、何度か履いて気になったら

洗うほうが良いのです。

 

洗う頻度は履く頻度によるでしょうが、

そこはあなたの気分を優先しましょう。

 

 

さて、デニムを洗濯するうえで

問題になってくるのが「色落ち」ですね。

 

色落ちを楽しむのも

デニムの魅力ではありますが、色落ちや

傷みをゆっくりにすることはできます。

 

 

いつも通りにデニムを他のものと

一緒に洗濯機に放り込むのはNGです。

 

他の洗濯ものと絡んだり

色移りしてしまう可能性があるので、

 

面倒でも「裏返しにネットに入れて」から、

デニム単体でおしゃれ着用の洗剤で

優しく洗うようにしましょう。

 

 

手洗いが理想的ですが、

洗濯機のドライコース等を使っても良いですね。

 

乾燥機は高温でデニムが傷むのを

控えたい所ですので乾燥機は使用せず、

脱水も1分程度に。

 

 

干すときは裏返しのまま、

ハンガーピンチなどで筒状に干す事で

早く乾きます。

 

直射日光を避け、日陰干しにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

デニムについてのお話をまとめますと、

 

デニムは洗濯することで縮む

 

リジッド、ノンウォッシュ、生デニムなどと

表記される物はかなり縮むが、

 

縮みを調整できれば

体格とピッタリと合い

シワなどの風合いを調整しやすい。

 

 

上記を選ぶ時はウエスト拳一つぶん、

太腿ひとつまみの余裕を目安にする。

 

 

縮みを予測するのが面倒、

わからない場合は

 

予め縮めてあるワンウォッシュ

表記されている物を選ぶようにする。

 

 

デニムに慣れていなければ

製品について店員さんによく相談する。

 

 

洗濯時はデニム単体裏返しにして

ネットに入れ、おしゃれ着用洗剤を使用し、

手洗いまたはドライコースで洗う。

 

乾燥機は使用しない

 

干す時は裏返しのまま日陰干しに。

 

です。

 

 

デニムに慣れて来たら、ノンウォッシュを

買って思いのままのシルエットや

色落ちを楽しんでみても良いですね。

 

中には糊を落とさず履いて

クッキリした皺を作って、

メリハリのある色落ちを楽しむ猛者もいます。

 

気負って手入れするのは嫌というあなたは

ワンウォッシュや近年はストレッチ等、

気軽に履けるものもあります。

 

まずは楽しむのが一番大事です!

 

それでは、あなたにピッタリの

デニムが見つかりますように。

 

生活
スポンサーリンク
じぇいさかブログ
タイトルとURLをコピーしました