劇的に白く!上履きやスニーカーの黄ばみの落とし方はこれで決まり!

生活
スポンサーリンク

こんにちは.

今回は、上履きやスニーカーの

黄ばみの落とし方についてご紹介していきます。

 

この記事をご覧のあなたは、

「子供の上履きがきれいにならない」

「私服用のスニーカーなのに黄ばんでる」

「新しい靴を買った方がいいのかな…」

などとお困りではありませんか?

 

どんなに磨いても黄ばみがとれない上履き、

汗などが染み込んで白くなくなったスニーカーなど

どう対処していいか分からないという方は多いです。

 

そこで、本記事では、

上履きやスニーカーの汚れを落とし

黄ばみをなくしてきれいな状態に

戻すテクニックをお伝えします。

 

少しでも役に立つ部分があれば、

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

上履きの黄ばみの落とし方【家庭にあるもの編】

 

洗っても洗ってもとれない

上履きの汚れや黄ばみ。

どうしてこんなにも頑固なのでしょうか…。

 

しかし、家庭にある道具を上手く使い、

適切な洗い方をすることで

汚れをある程度落とすことができます。

その正しい手順は以下の通りです。

 

1.泥や土、埃などを払う
2.石鹸を上履きに塗り、ブラシで洗浄する。
3.大量の水でしっかりとすすぐ

 

 

それでは、この3つのステップについて順に解説します。

 

1.泥や土、埃などを払う

まずは、

表面についている汚れを落としていきます。

泥や土は目に見えますが、

微小な誇りもついていますので

隅々までブラシを使って

払い落していきましょう。

 

ブラシだけでは足りないのであれば、

蒸らして汚れを浮かし、

タオルで拭き取ったり

細部の埃をつまようじなどで取り除くのも有効です。

 

 

2.石鹸を上履きに塗り、ブラシで洗浄する。

表面の汚れを落としたら、

次は固形石鹸を靴全体に塗っていきましょう。

少しずつ靴に付けていくのではなく、

始めからまんべんなく塗り広げてかまいません。

むしろ、その方がよく汚れが落ちます。

 

塗り終わったら、

埃を払う用のブラシとは別のブラシを使って

黄ばみの元を取り除いていきましょう。

洗い残しの無いように、

よく泡立てながらこするのがベターです。

 

 

3.大量の水でしっかりとすすぐ

最後に、

靴についている石鹸をきれいに洗い流します。

ここで、最も注意すべきことがあります。

それは、石鹸を全て洗い流す、ということです。

 

実は、よくある黄ばみのほとんどは

この工程でのすすぎ不足が原因なのです。

 

「きれいに洗ったはずなのに、黄ばみが残っている」

「丁寧に磨いたのに、白くならない」

といった問題は、

すすぎ不足を無くすことで解消できるのです。

 

そのため、大量の水で使用して

石鹸が残らないようよく洗い流してください。

そうすれば、比較的奇麗に

黄ばみが落ちるはずです。

 

また、洗い流しの方法として

簡単に靴をすすいだあと、

洗濯機を使ってすすぎや脱水を行う

のもオススメです。

 

もし前者の方法で上手くいかないときは

後者の方法も試してみて下さいね。

 

 

きれいに靴を洗い流したあとはそのままにせず、

水気を切って干すところまで

忘れないようにしましょう。

 

ゴムは日光に当てると傷みやすくなるため、

風通しの良い日陰に干すのがベストです。

この注意点も覚えておいてくださいね。

 

 

万が一、この方法で上手くいかない場合は

かなり強力な汚れであることが予想されます。

その場合は、お酢や重曹を使った洗浄方法

試してみて下さい。

 

重曹は汚れをよく落とし、

お酢は洗剤を中和させ

黄ばみの原因を取り除くことができます。

どちらも家庭にあるものなので、

ぜひお試しください!

 

上履きの黄ばみの落とし方【オキシクリーン編】

 

もしかすると、家にあるものを使って

既に上履きやスニーカーを洗浄してみたものの、

「上手く汚れが取れない」

「洗う時間が長すぎてとても疲れる」

という方がいるかもしれません。

 

そんな方にお勧めなのが、

「オキシクリーン」です。

 

「オキシクリーン」とは酸素系漂白剤の一種で、

洗浄能力が強いことで有名です。

以下のような長所を持っていますよ。

 

・塩素系でない
・刺激臭が無い
・汚れを落とす力が他の物より強い

 

オキシクリーンは

衣類の洗浄によく使われますが、

上履きやスニーカーに使用しても

問題ありません。

 

酸素の泡が汚れを浮き出してくれるため

洗浄力がとても高く、

臭いの原因となる洗い残しも

確実に落とし切ってくれます。

 

 

オキシクリーンを使った

上履きの洗い方は以下の3ステップです。

 

1.上履きを下洗いする
2.オキシ漬け液をつくり、上履きを漬ける。
3.ブラシでこすり、洗い流す

 

まずは前項でご紹介したのと同じような方法で

軽く下洗いをします。

 

そのあと、オキシ漬け液をつくります。

50gほどのオキシクリーンに

60℃のお湯を注いぎ、4~5Lくらい溜めます。

そしてその中に上履きを入れ、

30分程漬けておきます。

 

最後に取りだした上履きをブラシでこすって

しっかりとすすげば、

黄ばみがきれいにとれています。

あとは前項同様、

日陰に干して洗浄を完了させましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

「子どもにきれいな上履きを履かせてあげたい!」

 

「毎回上履きを洗うのが大変!」

 

という方は、

ぜひ今回ご紹介した方法を試してみて下さい。

 

生活
スポンサーリンク
じぇいさかブログ
タイトルとURLをコピーしました