一人暮らしの人は必見!出費の管理は大丈夫?上手に管理する方法は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

一人暮らしをしている、ほとんどの人が抱えている悩みがあります。

 

「出費が抑えられない…」

 

無駄な出費を抑えるように気を付けているつもりなのに、

自分が思っているよりも手元に残るお金が少ないのです。

 

一人暮らしをしているのなら、

自分自身で管理するしかありません。

 

 

気が付いたら出費が毎月の給料ギリギリだったり、

ボーナスで不足分を取り返したりしていては、

精神的に安定している状態は作れません。

 

 

 

給料がどんなに上がっていったとしても、

同じように出費を重ねていたら、

結局いつもギリギリの状態で

生活することになってしまいます。

 

 

一人暮らしで重要なことは、いかにして出費を抑えるかということです。

 

 

私自身は、昔、手元にあるお金をすべて使うような生活をしてきました。

 

マイナスにはならないものの、

常に給料をほとんど使い切っていたので、

生活をすることはできても、

どこか精神的に不安を抱えている状態でした。

 

万が一、怪我や病気などで働けない状態に陥ったら、終わりでした。

 

そんな状況を打破しようと、

出費を確実に管理する方法を編み出したのです。

 

 

 

まず、自分の出費状況をすべて可視化します。

つまり、項目を洗い出すということです。

 

そして、洗い出した項目をペースにして、毎月の予算を決定します。

 

そうすることで、毎月の出費を予め把握し、

確実に管理することが可能になりました。

 

実態を知らなければ管理も何もありませんから、

まずは自分自身の出費状況を確認することから始めましょう。

 

 

一人暮らしの出費を管理する方法とコツについて、詳しくお話します。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの出費の項目は?

 

はじめに、自分の出費をすべて可視化しましょう。

 

意外とこの作業を甘く見て、

数値化せずに感覚で済ませてしまう人が多いのですが、

一番重要なことなので確実にやりましょう。

 

一人暮らしの出費として、私が思いつくものをすべて書き出してみます。

 

  • 家賃
  • 水道代
  • ガス代
  • 電気代
  • 通信費
  • 保険料
  • 交通費
  • 朝食費
  • 昼食費
  • 夕食費
  • 消耗品費
  • 交際費(食事会、飲み会、接待など)

 

他にもあれば、ぜひ書き出してみてください。

 

 

ちなみに、上記分類のポイントとしては、

食費をできるだけ細かく分類していることです。

 

 

例えば、朝・昼・夜・飲み会、

これらをすべて含めて食費としてしまうと、

どこにどれくらいお金を使っているのか

見えにくくなってしまいます。

 

 

あえて見やすくするために、細分化した項目としているということです。

 

 

次に、これらの出費がどのくらいの頻度で、

いくら発生するか書き出します。

 

  • 家賃(70,000円/月)
  • 水道代(3,000円/月)
  • ガス代(3,000円/月)
  • 電気代(3,000円/月)
  • 通信費(8,000円/月)
  • 保険料(10,000円/月)
  • 交通費(20,000円/月)
  • 朝食費(300円/日≒9,000円/月)
  • 昼食費(700円/日≒21,000円/月)
  • 夕食費(1,000円/日≒30,000円/月)
  • 消耗品費(無くなったら)
  • 交際費(誘ったらor誘われたら)
  • その他

 

 

毎月払うものは、その月の固定費として算出します。

 

毎日発生するものは、ひと月分の合計額を出してみましょう。

 

こちらも、ほぼ固定費のようなものです。

 

消耗品として、例えば、ティッシュ、クッキングシート、

トイレットペーパー、洗剤、石鹸類などが挙げられますが、

ここでは購入頻度と金額を把握しておきましょう。

 

 

このように項目を洗い出し、数字を並べてみると、

自分の今の生活を維持するのにどれくらいのお金が

必要なのか、実態が見えてきます。

 

状況がわかれば、それを管理することができますから、

ここからは「毎月の出費」について、詳しくお話しましょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの毎月の出費はどれくらいにしたら良い?

 

毎月の出費をどれくらいにしたら良いのか、

というポイントさえ抑えることができれば、

一人暮らしの出費の管理は心配ありません。

 

先程、項目をすべて洗い出し、その発生頻度と

金額まで書き出しました。

 

続いて、固定費の合計金額を見てみましょう。

例えば、以下のようにしたら考えやすくなります。

 

  • 家賃(70,000円/月)
  • 水道代(3,000円/月)
  • ガス代(3,000円/月)
  • 電気代(3,000円/月)
  • 通信費(8,000円/月)
  • 保険料(10,000円/月)
  • 交通費(20,000円/月)
  • 朝食費(300円/日≒9,000円/月)
  • 昼食費(700円/日≒21,000円/月)
  • 夕食費(1,000円/日≒30,000円/月)

↑ここより上の項目を毎月の固定費とする↑

→【固定費合計:179,000円】

 

  • 消耗品費(無くなったら)
  • 交際費(誘ったらor誘われたら)
  • その他

 

仮に、給料の手取りが25万円だとしたら、

およそ7万円が手元に残る計算になります。

 

 

ここから、目標を定めることが次の重要なステップです。

 

固定費以外の出費は、

ある意味で「自由に使えるお金」

とも捉えられます。

 

この中から、

趣味に使ったり、飲み会に使ったり、

貯金したり、投資したり、

というように使い分けていけば良いのです。

 

自由に使えるお金を増やしたければ、

固定費を下げるような工夫として、

節約を考えるのも良いでしょう。

 

数字を把握すれば、感覚的に使いすぎてしまう

ということはなくなり、

具体的に、使いすぎたのか

そうでないのかを判断できるようになります。

 

 

テクニックとして、

「このお金だけで生活する」と決めたら

その金額だけを現金でお財布に入れて

使うようにすることも有効です。

 

もしくは、クレジットカードで決済するようにして、

毎日アプリから利用明細を確認して

利用金額を管理することも有効です。

 

 

いずれにしても、

まずは自分の出費状況の詳細を可視化して確認し、

具体的な戦略を立てて生活することから

はじめみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© じぇいさかブログ , 2019 All Rights Reserved.